アコムは学生でも借入OK!審査で親バレしないの?

公式ホームページ質問コーナーで解決しなかったこと

 

アコムは学生でも借りることができるのでしょうか?

 

アコムの公式ホームページのよくある質問コーナーをみてみると、申込・契約についての括りのところに、

「主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でも申込は可能ですか?」

という質問があげられています。

 

 

その回答によれば、アコムでは学生でも申し込み可能です。
         

→ アコムの審査・申込はコチラ

 

 

 

 

アコムの利用条件としては、20歳以上で本人が仕事をすることによって安定した収入があることが条件になっています。ですから、学生の場合でも20歳以上でアルバイトなどによる収入があれば、アコムで借りることができます。

 

保証人なども一切不要ですし、やはり大手なので、アコムで借りる学生さんは多いです。学生がアコムで申し込みをする場合に、特に何か気をつけたほうがよい点というのは、特段ありません。

 

本人確認書類は運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)で確認ができますし、収入証明書がアルバイト先のほうで出れば、サラリーマンなど他の社会人の方がアコムを利用する際と、同じような流れで借り入れをすることができます。

 

収入に関していえば、同じアルバイトでも不定期のアルバイトの場合は、安定した収入とはみなされません。複数バイトを掛け持ちしているという人は、できるだけ両方の収入証明書を用意するようにしましょう。

 

安定した収入という観点からいくと、やはりアルバイトの場合でも長期のアルバイト、しかも、比較的時給の高いような家庭教師や塾の講師などのアルバイトは、返済能力が高いとみなされる傾向があるようです。

 

親にバレたくないならココに注意!

学生がアコムでお金を借りる際に、親バレが気になる方がいると思います。自分の親にキャッシングをしていることが知られると、都合の悪い学生もたくさんいるはず。私も学生時代、アコムでお金を借りれますので、その体験から申し上げますと、親バレするようなことはありません。

 

親の名前や勤め先などは答える必要はありましたが、会社の電話番号はアコムに伝える必要はなくて、そこに在籍確認を行われるということもありませんでした。

 

在籍確認は自分が働いているアルバイト先にのみ行われただけです。但し注意点としてアコムの場合は、キャッシング枠の増額をすると、その確認書類が封筒で自宅に届きます。

 

実家で暮らしているという方は、その書類が見つからないようにする必要はあるでしょう。アコムという社名が入った封筒で送られて来ないにせよ、親に怪しまれる可能性があります。一人暮らしであれば、実家に送られることはないので安心です。

 

もちろん、滞納をしていると督促が親の方に行ってしまう可能性もありますので、そのようなことがないように、毎月返済期日にきちんと返済するということも大切です。

 

 


→ アコムの審査・申込はコチラ

 

 

バイト先にバレませんか?

審査の時、バイト先に在籍確認がありますが、個人携帯で電話が行くので、バイト先にバレてしまうといったこともありません。

他に借りれるところは?

アコム以外にも、プロミスやモビットなどの消費者金融が、学生でもお金を借りれると人気が高いです。また、友林堂やアミーゴなどの学生ローンも学生に評判です。

学生が借りる時の審査基準は?

親元から離れて学生生活をしていると、アルバイト代が入る前や、親の仕送りが届かない時にお金を借りなければならない事があります。そんな時、キャッシングを申込めば今日明日中にでもお金は借りられます。

 

申込先はアコムに限らず、大手消費者金融や一部の銀行カードローンなど、申込が可能なところも多いので、学生だからといって心配する必要はありません

 

申込条件

キャッシングの申込条件は、満年齢が20歳以上の学生で、アルバイトやパートなどで安定した収入があれば申込ができます。

 

審査に通るためには

キャッシングの申込をすると、必ず審査があります。この審査に通って初めてお金が借りられるようになりますが、審査基準をクリアしなければなりません。審査基準は、キャッシング会社それぞれに違いがあるのですが、大筋ではほとんど同じです。

 

審査の目的は「申込者にお金を貸しても返してもらえるか」と言うところを重点的に審査します。

 

審査内容は学生も一般人も同じですが、学生の場合パートやアルバイト収入になるので一般社会人と違って審査は少し厳しくなります。毎月ほぼおなじ勤務日数でバイトをしている学生は問題ありませんが、日雇いや週に数時間の勤務状況の学生が審査に通る可能性はまずないと思っておきましょう。

 

案外気が付いていないのが、クレジットカードや携帯電話の支払いで延滞を起こした事があれば、審査に通るのは厳しくなります。

 

審査を通すためのポイント

審査を通りやすくするためには

  • アルバイト先は出来るだけ変えずに、同じところで長く勤める事がポイント。
  • クレジットカードや携帯電話料金の支払いは遅らせない。
  • 借入先は1社に絞る。

と言う事が重要になります。

 

学生が借りる時の金利は?

 

キャッシングでお金を借りる時一番気になるのが、金利です。学生だからと言って特別な金利が適用されるわけではなく、一般社会人と同じ扱いになります。

 

大手消費者金融のスペック

大手消費者金融を利用する時、下記の金利が適用されます。

 

消費者金融 年利 融資限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 最大500万円
アコム 3.0%〜18.0% 最大800万円
アイフル 4.5%〜18.0% 最大500万円
モビット 3.0%〜18.0% 最大800万円

 

銀行カードローンについては、独自の審査基準を持っているので、それぞれの銀行で金利の設定が違ってきます。

 

銀行カードローンを利用する時は、まず学生でも借りられるかどうかを確認し、続いて金利がどれくらいの設定になっているのかを調べる事が大切です。

 

金利を比較する時のポイント

キャッシングの申込する時、是非確認しておきたいのが金利の比較です。金利の表現方法として○○%〜□□%と記載されているのが一般的ですが、銀行カードローンには△△%というような固定金利のところがあります。

 

○○%を下限金利と呼び□□%を上限金利と呼びます。

 

キャッシングの初回借入時の金利は、ほとんどの場合、上限金利が適用されるので、たとえば「プロミス」の上限金利17.8%「アコム」の上限金利18.0%のように、上限金利どうしを比較しなければ比較した事になりません。

 

上記の表を見てもわかるように「プロミス」の17.8%が最も低く、利息を安く借りたいという場合は「プロミス」がおすすめという事になります。

 

アルバイトでも借りれる?在籍確認はある?なし?

学生のキャッシングは難しいと思われていますが、学生だからといって申込ができないわけではなく、条件を満たせば借入する事も可能なのであきらめる必要はありません。

 

申込条件は「満年齢が20歳以上で安定した収入がある方」と言うのが最低条件になります。この条件さえ満たせば、正社員でなくてもパートをしている兼業主婦やアルバイトをしている学生でもお金を借りる事が出来ます。

 

お金を借りる時に重要なのが在籍確認

申込をすると、審査があり、審査で「在籍確認」が行われます。

 

「在籍確認」と言うのは、申込者が申告した勤務先に間違いなく本人が勤めているかを確認するための電話で避けて通る事は出来ません。掛かってくる電話は担当者個人の名前で掛けてきますが、掛かってきた電話に、必ず本人が出なければならないという事はありません。

 

たとえば勤務時間外にかかってきた時など、電話に出られなくても電話に出た人から「○○は今日休みです」とか「○○は□□時から出勤予定です」と言うような返事が返ってくれば、それで在籍確認は終わりです。

 

中にはこの「在籍確認電話がどうしても気になる」という方もいますが、「生命保険の契約をしたから電話がかかってくると思います」とか「クレジットカードの申込をしたので、確認の電話がかかってくるかもしれません」と一言周りの人に言っておけば、いない間に電話がかかってきても、周りの人にばれる心配はありません。

 

学生のアコム借り方は?

バイト代が入るまで待てないという場合、学生であっても、キャッシングの利用が出来ますが、友人同士の貸し借りはあっても、キャッシングを利用した事のない学生にとって、お金を借りるという事に不安があるものです。

 

キャッシングは大手消費者金融や銀行カードローンで申込ができますが、学生という事を考えると大手消費者金融へ申込をする方が審査に通る確率は高くなります。中でも、アコムは「初めてのアコム♪」で知られている大手消費者金融で、学生であっても問題なく融資が受けられます

 

アコムの申込条件

アコムの申込条件は20歳から69歳で、安定した収入と返済能力のある方であれば、正社員でなくてもアルバイトやパートなどで収入を得ている兼業主婦や学生など、毎月の収入がある方は問題なく申込みができます。

 

キャッシングは本人対消費者金融になるので、親などに知られず利用できます。

 

申込方法

アコムへ申込する方法は、

  1. インターネッ申込
  2. 店舗
  3. 電話
  4. 郵送

の4つから選べますが、最近は24時間どこからでも申込が出来る、インターネット申込に人気があります。

 

どの申込方法でも提出書類、在籍確認、専用カードの受け取りは必須となりますが、すぐにでもお金を借りたい方はインターネットからの申込みが最速です。さらに、インターネットから申込みを済ませ、無人契約機「むじんくん」で本審査を受ける方法なら土日祝日に関係なく即日融資が可能になります。

 

また、「アコム」には初回申込時だけですが「最大30日間金利0円サービス」があり、契約した翌日から30日間は無利息でお金が借りられるというお得なサービスが受けられます。

 

学生でも即日融資はできる?

親元から離れて学生生活を続けていると案外お金がかかるもので、思ってもいなかったことから急にお金を用意しなければならない事もあります。

 

キャッシングの即日融資は、申込をしたその日でも借りられるサービスなので、今日明日中にお金が必要と言う場合でも慌てる必要はありません。申込条件は満年齢20歳以上で、学生であってもアルバイトなどの収入が有れば、気軽に申込ができます。

 

キャッシングの申込先は大手消費者金融なら安心

学生がお金を借りる方法として、学生ローンを利用する方法と、消費者金融や信販会社、一部の銀行カードローンで申込ができますが、キャッシングが初めてという学生は大手消費者金融や銀行カードローンへ申込むのが安全です。

 

確実に即日融資で借りるには

即日融資は大手消費者金融や銀行カードローンで申込ができます。一般的には平日午後2時までに契約や振込手続きが完了していればその日の内に指定口座へ振込をして貰えます。土日・祝日でもその日の内に借りたいという事があると思いますが、そんな場合でも心配する必要はありません。

 

学生が借りるのに必要書類はなに?

キャッシングンの申込をする時、必ず用意しなければならない書類があります。特に急ぎでお金を借りたい時は事前に用意しておけば審査がスムーズに流れます。

 

必要書類とは学生ローンの場合は、学生証やキャッシュカードの提出を求められる場合がありますが、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの場合は「本人確認書類」場合によっては「収入証明書類」を用意しなければなりません。

 

本人確認書類

消費者金融でも銀行カードローンでも、申込者が本人である事を確認するための、「本人確認書類」は、必ず必要になります。

 

「本人確認書類」は、一般的に運転免許証が使われますが、免許証が無い場合は、社会健康保険証や国民健康保険証などの健康保険証、パスポートなども利用できます。

 

申込書に記入した現在の住所と、本人確認書類に記載されている住所が違う場合は、現住所が確認できる公共料金の領収書や、社会保険の領収書、納税証明書などを合わせて提出する必要です。

 

収入証明書類

消費者金融や信販会社へ申込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、他社借入が有る時、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合に、収入証明書類も併せて提出しなければなりません。

 

収入証明書類は源泉徴収票や納税証明書、給与明細書など収入が解る書類を用意しておく必要があります。

 

銀行カードローンの場合、100万円以下は不要とか300万円以下、500万円以下は不要と銀行それぞれによって違いがあるので、事前に確認しておく必要があります。

 

学費に使いたいが学生ローンにすべき?

学生ローンのメリット・デメリット

学生ローンのメリットは消費者金融と比べて金利が低い事や、カードローンと比べて審査が緩い事など借り易いといメリットがあります。学生ローンは利用目的が学費と言う場合、優遇金利の適用をしているところもあり、学費目的の場合は通常金利より低く借りられるというメリットもあります。

 

デメリットは、店舗が東京にあるところが多く、容易に来店できない事やコンビニATMが利用できない、土日・祝日の借入が出来ないという使い勝手の悪さと言うところでしょう。

 

カードローンのメリット・デメリット

消費者金融や銀行のキャッシングは満年齢20歳以上で安定した収入があれば、学生でも申込が可能です。カードローンのメリットは、即日融資に対応している事や、限度額が決まればその範囲内でいつでも提携ATMなどからお金の借入が出来るという使いやすさや、大手という安心感があります。

 

金利を比較した場合、銀行カードローン<学生ローン<消費者金融になるので、金利面から見れば銀行カードローンがおすすめですが、消費者金融と比べて審査が厳しくなります。借り易さを考えると学生ローン<消費者金融<銀行となるので、借り易さで考えるか、金利で考えるかを選ぶ必要があります。

 

学生で収入なしでも借りることはできる?

学生生活の中で「どうしても今日明日中にお金を用意しなければならない」と言う時がありますが、そんな時はキャッシングで借りる事が出来れば、バイト代が入る前の一時的にクリアすることが出来ます。

 

ただし、お金を借りるには定期的な収入がある事が条件になるので、無収入の学生がお金を借りる事は条件が厳しくなります

 

学生だから契約出来ない訳ではない

カードローンの利用条件は「安定収入ある方」というのが絶対条件になっています。結論から言うと「無収入だとキャッシングできない」と言う事になります。しかし、「学生は申込不可」と明確に利用規約に載せているところは、一部の銀行カードローンを除いてほとんどありません。

 

学生だからキャッシグできないのではなく、無収入の学生はキャッシングが出来ないのであって、バイトなどで収入を得ている学生ならキャッシングは可能です。

 

収入無しの学生がお金を借りるには

消費者金融や銀行カードローンも基本的には収入がある事が前提ですが、消費者金融の場合は総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限が付くので本人に収入がなければキャッシングを利用する事は出来ません。

 

唯一収入無しでお金を借りる方法は、クレジットカードの「キャッシング枠」を利用してお金を借りる方法で、クレジットカードの「家族カード」がならお金が借りられる可能性は高いです。ただし、利用した事は親にばれるので、借りる前に理由を説明しておく事が大切です。

 

親にばれたときはどう伝えるべきか?

親元を離れて生活をしている学生なら、よほどの事がない限り親にキャッシングをしている事がばれるという事はほとんどありません。

 

キャッシング会社の方も、出来るだけ本人以外にキャッシングをしている事が知られないように配慮をしてくれていますが、何らかの事情でばれてしまう事があります。

 

親ばれする原因

親ばれする原因として多いのが、親と同居している場合、契約書やカードが自宅に送られてきてばれたというケースや、請求書や利用明細書が家に送られてきた事でばれてしまったという場合がほとんどです。

 

またキャッシングの返済で延滞や滞納をしていると、キャッシング会社の担当者から電話がかかってきます。最初は借主の携帯に電話が来ますが、その電話を無視していると、自宅にかかってくるようになります。さらに滞納が続くと、自宅に督促状が送られてきます。

 

自宅に督促状が届いて親にばれるという事もあるので、どうしても返済が難しい時は、こちらから早めに連絡を入れて説明する事が重要になります。

 

それでもばれてしまった時は

親にキャッシングがばれた時は、一番に「伝えてなくて申し訳なかった」と素直に謝るのが第一です。

 

そのあと、キャッシングを利用しなければならなかった理由を説明し、親に納得してもらう事が重要で、親に納得してもらえれば協力してもらう可能性も出てくるので、理由や説明で嘘をつくことだけは避けましょう。

 

学生が10万借りたときの毎月の支払い額は?

カードローンでお金を借りると翌月から返済が始まります。カードローンの利息は基本的に1日ごとの計算になるので、出来るだけ早く完済すれば無駄な利息を支払う事がありません。

 

金利は学生であっても社会人であっても同じで、審査によって金利は決まります。金利が決まれば利息がいくら、という事は簡単に計算できるので、借入をする前にでも研鑽できます。

 

10万円借りた時の利息の計算式

たとえば大手消費者金融で、10万円を金利18.0%で1か月(30日)借りた場合の計算式は

 

10万円(借入残高)×180%(金利)÷365日×30日(利用日数)=1,450円(利息)という計算式になります。

 

返済シミュレーションを利用する

利息の計算方法は「返済シミュレーション」を利用すれば、毎月どれくらいの利息を支払っているのかが簡単にわかります。

 

たとえば「アコム」で10万円借りた場合の最低毎月返済額は、30万円以下の場合、借入金額の4.2%以上となるので、10万円×4.2%=4,200円→5,000円になります。

 

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 5,000 3,500 1,500 96,500
2 5,000 3,553 1,447 92,947
3 5,000 3,606 1,394 89,341
4 5,000 3,660 1,340 85,681
5 5,000 3,715 1,285 81,966
6 5,000 3,771 1,229 78,195
7 5,000 3,828 1,172 74,367
8 5,000 3,885 1,115 70,482
9 5,000 3,943 1,057 66,539
10 5,000 4,002 998 62,537
20 5,000 4,645 355 19,059
21 5,000 4,715 285 14,344
22 5,000 4,785 215 9,559
23 5,000 4,857 143 4,702
24 4,772 4,702 70
累計 119,772 100,000 19,772

 

毎月返済額を5,000円とした場合、返済回数は24回、総返済額は119,772円となり、19,772円の利息を支払う事になります。

 

 

返済回数を12回で計算すると

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 9,167 7,667 1,500 92,333
2 9,167 7,783 1,384 84,550
3 9,167 7,899 1,268 76,651
4 9,167 8,018 1,149 68,633
5 9,167 8,138 1,029 60,495
6 9,167 8,260 907 52,235
7 9,167 8,384 783 43,851
8 9,167 8,510 657 35,341
9 9,167 8,637 530 26,704
10 9,167 8,767 400 17,937
11 9,167 8,898 269 9,039
12 9,167 9,032 135 7
13 7 7 0 0
累計 110,011 100,000 10,011

 

総返済額は110,011円、利息は10,011円となり、24回払いと比較すると利息は9.761円少なくなります。

 

学生が20万借りたときの毎月の支払い額は?

キャッシングのサービスとして、「無利息期間サービス」」を取り入れている消費者金融や、一部の銀行カードローンがあります。「無利息期間サービス」は顧客獲得のために設けられたサービスで、基本的には初めて契約される方が対象になります。

 

もちろんアルバイトをしている学生や、パートで収入を得ている兼業主夫など、収入がそれほど多くないという方にとってはメリットのあるサービスです。

 

無利息期間サービスとは

無利息期間サービスは文字通り、利息無しで金が借りられるサービスの事で、無利息期間内であれば利息無しでお金が借りられます。

 

無利息期間でシミュレーション

 

20万円を通常通り、金利18.0%で借りて最低毎月返済額を5,000円とした場合

回数 返済額 元金 利息 返済後残高
1 5,000 5,000 0 195,000
2 5,000 2,116 2,884 192,884
3 5,000 2,147 2,853 190,737
4 5,000 2,179 2,821 188,558
5 5,000 2,211 2,789 186,347
6 5,000 2,244 2,756 184,103
7 5,000 2,277 2,723 181,826
8 5,000 2,310 2,690 179,516
9 5,000 2,345 2,655 177,171
10 5,000 2,379 2,621 174,792
50 5,000 4,281 719 44,324
51 5,000 4,345 655 39,979
52 5,000 4,409 591 35,570
53 5,000 4,474 526 31,096
54 5,000 4,540 460 26,556
55 5,000 4,608 392 21,948
56 5,000 4,676 324 17,272
57 5,000 4,745 255 12,527
58 5,000 4,815 185 7,712
59 5,000 4,886 114 2,826
60 2,867 2,826 41
累計 297,867 200,000 97,867

 

返済回数60回、利息は97,867円、総返済額297.867円になります。

 

 

無利息期間を利用しない場合

回数 返済額 元金 利息 返済後残高
1 5,000 2,042 2,958 197,958
2 5,000 2,072 2,928 195,886
3 5,000 2,102 2,898 193,784
4 5,000 2,134 2,866 191,650
5 5,000 2,165 2,835 189,485
6 5,000 2,197 2,803 187,288
7 5,000 2,230 2,770 185,058
8 5,000 2,263 2,737 182,795
9 5,000 2,296 2,704 180,499
10 5,000 2,330 2,670 178,169
50 5,000 4,193 807 50,403
51 5,000 4,255 745 46,148
52 5,000 4,318 682 41,830
53 5,000 4,382 618 37,488
54 5,000 4,446 554 33,002
55 5,000 4,512 488 28,490
56 5,000 4,579 421 23,911
57 5,000 4,647 353 19,264
58 5,000 4,715 285 14,549
59 5,000 4,785 215 9,764
60 5,000 4,856 144 4,908
61 4,980 4,908 72 0
累計 304,980 200,000 104,980

 

返済回数61回、利息104,980円、返済総額304,980円となり、無利息期間を利用すれば利息は7,113円抑える事が出来ます。

 

学生が30万借りたときの毎月の支払い額は?

急にお金が必要になった時、どこで借りるかを考えなければなりませんが、そんな時は一時的にキャッシングで借りる方法なら、誰にも迷惑を掛けずに借りる事が出来ます。

 

キャッシングでいくら借りられる?

キャッシングは消費者金融や銀行カードローンへ申込ができますが、銀行は消費者金融に比べて審査が厳しくなるので、消費者金融ならアルバイトをしている学生でも、パートをしている兼業主婦でも問題なく申込ができます。

 

銀行カードローンの場合は、年収による融資制限はありませんが、消費者金融は総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限を受けます。

 

たとえば、消費者金融で30万円借りたいという場合、最低でも年収が90万円以上ひつようになります。また学生の場合年収が90万円以上あっても、初回借入時は多くても限度額10万円程度になるので、いきなり30万円の借入は期待できません。

 

30万円借りると毎月支払いはいくら?

お金を借りると翌月から返済が始まりますが、キャッシング会社それぞれで、毎月最低返済額が決められているので、それ以上の返済をする必要があります。

 

たとえば「アコム」の場合は30万円以下の場合借入金額の4.2%、30万円を超える場合は3.0%以上返済しなければなりません。

 

ただ、最低返済額だけで返済を続けていると、返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が多くなってしまいます。少しでも利息を抑える方法として、繰り上げ返済をして出来るだけ返済期間を短くすることをおすすめします。

 

学生が40万借りたときの毎月の支払い額は?

キャッシングの初回契約時は低めの設定となるので、すぐに限度枠が一杯になってしまいます。特に学生などの場合は初回の契約時は10万円程度になる事が多いようです。

 

少ない限度額を増やすには増額申請で限度額を増やす事が出来ます。

 

年収による融資制限

消費者金融は総量規制の対象になり、年収の3分の1以内と言う制限を受けるので、40万円借りようとすると、年収は最低でも120万円以上必要で、限度額を40万円にするには150万円以上の収入が必要です。

 

年収が150万円ある学生なら、増額申請を続ける事で徐々に限度額を増やしていき、最終的には限度額を40万円程度まで増やせます。

 

40万円借りると毎月いくらの返済になる?

「アコム」で40万円を借りると最低毎月返済額は借入金額の3.0%以上なので、毎月最低返済額は12,000円になります。

 

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 12,000 6,000 6,000 394,000
2 12,000 6,090 5,910 387,910
3 12,000 6,182 5,818 381,728
4 12,000 6,275 5,725 375,453
5 12,000 6,369 5,631 369,084
6 12,000 6,464 5,536 362,620
7 12,000 6,561 5,439 356,059
8 12,000 6,660 5,340 349,399
9 12,000 6,760 5,240 342,639
10 12,000 6,861 5,139 335,778
40 12,000 10,724 1,276 74,363
41 12,000 10,885 1,115 63,478
42 12,000 11,048 952 52,430
43 12,000 11,214 786 41,216
44 12,000 11,382 618 29,834
45 12,000 11,553 447 18,281
46 12,000 11,726 274 6,555
47 6,653 6,555 98
累計 558,653 400,000 158,653

 

返済回数47回、利息158,653円、総返済額558,653円になります。

 

40万円借りて最低毎月返済額だけの返済を続けると利息が多くなってしまうので、毎月返済額を少しでも増やせば、総返済額は少なくなります

 

 

たとえば、毎月返済額を15,000円に設定すると

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 15,000 9,000 6,000 391,000
2 15,000 9,135 5,865 381,865
3 15,000 9,273 5,727 372,592
4 15,000 9,412 5,588 375,453
5 15,000 9,553 5,447 363,180
6 15,000 9,696 5,304 343,931
7 15,000 9,842 5,158 334,089
8 15,000 9,989 5,011 324,100
9 15,000 10,139 4,861 313,961
10 15,000 10,291 4,709 303,670
30 15,000 13,861 1,139 62,134
31 15,000 14,068 932 48,066
32 15,000 14,280 720 33,786
33 15,000 14,494 506 19,292
34 15,000 14,711 289 4,581
35 4,649 4,581 68
累計 514,649 400,000 114,649

 

返済回数35回、利息114,649円、総返済額514,649円になり、44,004円利息を少なくする事が可能です。

 

学生が50万借りたときの毎月の支払い額は?

 

キャッシングは満年齢が20歳以上で、アルバイトやパートなどでもよいので、安定したし収入が有ればお金は借りられますが、いくらでも借りられるわけでもありませんし、借りたお金をどうやって返済するかも考えなくてはなりません。

 

たとえば、アルバイトをしている学生が50万円借りたいと思った時、毎月いくらの返済になるのか、また返済が続けるための返済計画を立てる事が最重要になります。

 

50万円借りるには

アルバイトで収入を得ている学生が、50万円のお金を借りる時、消費者金融で借りるには、年収による制限があるので、50万円借りようと思えば法的には150万円以上必要ですが、実際50万円を借りようと思えば200万円以上の収入が必要と言われています。

 

さらに、初回契約時の融資限度額10万程度になるので、そこから利用を続けていく事で増額申請が出来るようになり、増額申請を重ねて最終的には限度額50万円にする事は可能です。

 

50万円借りた時に返済額は?

では大手消費者金融の「アコム」で50万円を借りた時の返済はいくらになるか、「アコム」の毎月最低返済額は50万円の場合は、借入金額の3.0%なので、最低15,000円以上になります。返済シミュレーションでシミュレーションすると、返済回数47回、利息は198,327円になります。

 

この計画では返済完了までに約4年かかってしまうので、社会に出ても返済を続けなければなりません。新たな気持ちで社会へ出るためにも、出来るだけ学生時代に返済を終らせたいものです。

 

そのためには、生活費に余裕が出来た時など、余ったお金を遊びに回さず、繰り上げ返済に充当するようにすれば、返済期間が短くなり、学生の間に完済する事も可能になります。

 

返済不能に陥った場合の対処法は?

初めてキャッシングンの契約をした時は、お金の管理に気を付けているので、遅延や延滞などを起こす事は少ないですが、慣れてくると「借りたらなんとかなる」と安易に考え、あちらこちら借入れをしまうと、たちまち利息が利息を呼び返済不能に誓い状態に陥っている方も少なくありません。

 

特にアルバイト収入で生活している学生の場合は注意が必要で、収入が少ないのに限度額一杯まで借りてしまうと、返済が行き詰ってしまう事もあるので、余裕のある返済計画を立てて利用する事が大切です。

 

返済不能になった時の対処法

「つい忙しくて返済日を忘れていた」という程度なら、担当者も「こういうことは何度かある」と理解しているので、すぐにお金を振込めば何の問題もありません。

 

しかし、何らかの理由でバイト代だけでは支払いが続けられなくなり、返済がおくれるという事が解っている時は、まずは自分からキャッシング会社へ連絡を入れる事が重要です。

 

誠意を見せれば相談もできる

中には担当者からの電話を嫌がり、無視する人もいますが、電話に出なければ自宅へ電話がかかってきたり、請求書が送られてきたりするようになります。さらにそれも無視していると、裁判所からの支払い命令が届くようになり、無視する事が出来なくなります。

 

そうならない為にも、担当者からの電話がかかる前に、こちらから電話を入れて相談してみる事が大切です。誠意が伝われば、相談にも応じてもらえる事もあるので、まずは返済期日前に電話を入れて今後の返済方法などを相談する事がポイントです。